税金が有利な「くりっく365」とは? FX初心者の外国為替証拠金取引オンライントレード入門。

くりっく365 とは?

 「くりっく365」とは、一般投資家に透明、公正な取引の場を提供することを目的として、2005年7月1日に開設された為替証拠金取引の公設市場です。

くりっく365で取引をする際は、通常のFX業者ではなく、取引所からくりっく365の取引資格を取得した業者を通して取引を行います。 くりっく365取引業者はこちら

くりっく365の特徴

◇スワップポイントが売り・買いともに同じ金額です。

◇証拠金は「取引所」に預託されているため、万一の場合も原則として証拠金は全額返却されます。

◇常に複数の有力金融機関(マーケットメイカー)が価格を提示しているため、
  ・高い流動性が保たれている
  ・提示された複数の価格の中から最も有利な価格で取引できる
  ・他の店頭取引業者と比較してスプレッド幅は小さい
 といった有利な点があります。

税金が有利なくりっく365

FXの利益は雑所得になるため、年間の所得(収入)によって支払う税金が変わってきます。

年間の所得 税率 (所得税+住民税)
195万円以下 15%
330万円以下 20%
695万円以下 30%
900万円以下 33%
1800万円以下 43%
1800万円超 50%

※平成19年改定。詳しくは国税庁のタックスアンサーを参照。

上記のように、年間の所得によって、FXの利益に課税される税金も違ってくるのですが、「くりっく365」で取引をした場合は、違ってきます。

「くりっく365」は申告分離課税方式が適用されるため
所得金額は関係なく一律20%の税金で済みます

つまり、上記の表で比較すると、FXの利益を合わせて年間の所得が695万円を超える場合は、くりっく365で取引をしたほうが税金上有利になります。逆に、年間の所得が330万円以下の場合は、くりっく365以外のFX業者で取引をしたほうが支払う税金が少なくてすみます。

申告分離課税とは、年間の所得金額とは関係なく、誰でも同じ税率の税金を支払う制度で、山林所得、土地建物等の譲渡による譲渡所得、株式等の譲渡所得等、一定の先物取引による雑所得(ここにくりっく365が入ります)等が、申告分離課税となっています。

また、くりっく365では「損失の3年間の繰越控除」、「証券先物・商品先物との損益通算」が可能です。

くりっく365 取扱業者比較

くりっく365の取引は、直接取引所で取引を行うのではなく、取引所からくりっく365の取引資格を取得した業者を通して取引を行います。以下にくりっく365の取引資格のある業者を比較して紹介します。

業者 片道手数料 日計り
手数料
口座開設
口座維持
携帯取引
210円 無料 無料
スター為替
(旧スターアセット証券)
210円
(デイトレ決済は105円)
無料 無料
ネットレFX(コスモ証券)
365円 無料 無料
420円 有料 無料 ×
840円〜210円
取引実績で変動
有料 無料

くりっく365のスワップの金額およびスプレッドは全業者共通です。
スワップ・スプレッドはくりっく365公式サイト http://www.click365.jp/ で確認できます。

 

くりっく365のリード役三貴商事(さんき)
くりっく365のシェアNo1!手数料も安く、使いやすい三貴商事のINV@STくりっく365

スター為替(旧スターアセット証券)
スター為替では、現在の売り気配、買い気配はもちろん、ローソク足チャートや各種テクニカル分析ができる「スターダイレクト」を提供

ネットレFX(コスモ証券)
リアルタイムで「為替市況」や「国際政治・経済・情勢」等のニュースを利用可能。

ばんせい証券
明治41年創業の歴史ある「ばんせい証券」。独自の為替情報サービス「e-profit FX」は、相場をリアルタイムに提供するとともに24時間配信の外国為替情報、多機能なチャートなどが特徴。

ユニマット山丸証券
手数料が前月の取引実績によって変化。840円〜210円。
独自開発のくりっく365直結システムで取引ができる外国為替証拠金取引です。
税制優遇等のくりっく365の利点に加え、他にはない新サービス・新機能を提供中。