震災後なぜ円高になっているのか FX(外国為替証拠金取引)初心者のオンライントレード入門。スワップ金利で稼ぐ!

震災後なぜ円高になっているのか

「あんな震災があった後なのに、
  なぜ日本円は円高になっているのか?」

不思議に思った方は多いと思います。
本来なら経済的な大打撃を受けた日本の円など手放して他の国の通貨を買ったほうが安全と考えるのが普通でしょう。

80円台だった米ドル/円のレートも、円が売られて90円、100円、110円と、円安に進んでいくと多くの人が予想したはずです。

でも、日本円は未だに80円台のまま推移しています。

日本経済が打撃を受けたのに円高のままの理由

震災、津波、原発事故で日本経済が打撃を受けたのに円高のままの理由、これはいろいろな要素があるので一概に「これです!」と言い切ることはできませんが、1つ大きな要因があります。

それは、「寄付金」です。
震災の被害にあった日本には世界中から寄付金が集まります。

  • 個人的な寄付金
  • 団体からの寄付金
  • 政府がらみの寄付金

それらの外国からの寄付金は、日本円に換えられます。
ドルやユーロのままでは日本の被災地の復興のために使うことはできません。
だから、外国からの寄付金は日本円に換える必要があります。

つまり、世界中で一気に円が買われるんです。

そして、公には言わない人が多いですが、本当のプロの投資家(単に金融機関にいるという意味でのプロではなく、投資で利益を上げ続けているプロ)達はこの事実を知っています。だから、彼らもその流れに乗って円を買います。

彼らからすれば、すでに分かりきっているシナリオだったんです。

当時の為替チャートを見ればわかると思いますが、一気に円が変われて一時77円台まで円高が進んでいます。

一般の個人投資家達が「大変だ!日本経済が大打撃を受けた!円を売って外貨に換えておこう!」と慌てて円を売って外貨にを買っている”瞬間的なパニック売り”のときに、情報を知っている大口の投資家達は逆に日本円を買っていったんです。

そして予想に反して円高になって慌てて買った外貨を個人投資家が慌てて円に戻しているとき、つまり”瞬間的なパニックでの買い戻し”のとき、彼らは逆に円を売って利益を上げていたんです。

私個人的には震災時は為替どころではなかったので売買をしませんでしたが、後々話を聞くと実際にこのような売買がされていたようです。損をする個人投資家、得をする大口投資家。大口投資家は単に運用を任せているだけの場合も多いですが、とにかくこういう場面でも儲かる人というのは、”情報”を持って運用していた人達です。

そして円高の今、今度は情報を持った彼らは「徐々に少しずつ外貨を買っている」んです。長期的に見て次の展開がどうなるかと言えば・・・今までの話を踏まえれば何となく予想はつきますね。

個人投資家が情報を知るには

では、個人投資家がそういった情報を知れるのかといえば、できないことはありません。こういった投資情報で”情報を売って稼ぐ”というスタンスで提供してくれるものがあります。もちろん、こういったものの9割がたは値段の割にたいした情報じゃないのですが、先ほどのもののようにほんの一部、有益な情報を提供してくれるものもあります。

そして、購入者限定のメルマガでその時期ごとに情勢に合った情報を教えてくれるものもあります。

ただし、それを覚えるのは時間がかかるし、そもそもレベルの高い情報は読み手もある程度のレベルに達していないとそもそも言っている意味がわかりません。

もし、あなたがある程度のレベルに達しているなら、正しい情報元を見つければ、FXで稼ぐことができます。まだそうでないなら、とにかくFXをやってみてFXに慣れて下さい。

FXを『損せずに始める』には

「FXをやってみて」と言われても、誰しも損はしたくないと思います。

そこでおすすめなのが、口座開設キャンペーンを利用するという方法です。
FXの口座開設キャンペーンは、口座開設をして取引をすればノーリスクで(キャンペーンなので)5000円〜10000円くらいもらえます。いくつかのFX業者でやれば数万円はもらえます。

その中で、実際に取引をしてみたうえで「自分に合った使いやすいFX業者」を選べばいいんです。お金をもらいながら探せます。

このやり方の詳細はFX口座開設のページに書いています。(女性の方はこちらのページのほうが見やすいかもしれません。内容は違いますが趣旨はほぼ同じです)
意味が分かる方はFX口座開設キャンペーン一覧ページからキャンペーンを提供していって下さい。


日本経済の大打撃、大手企業の海外への拠点移動、電力不足・節電で国内では十分な経済活動が難しくなっています。

にもかかわらず、現時点では80円台という円高であるこの状況。
今どうするべきか、何かをするべきなのか、何もしないでいいのか(つまり、お金が欲しいのか、欲しくないのか)・・・よく考えてみたほうがいいと思いますよ。

 

トピックス トップに戻る

FX-FX.net トップページに戻る