Bid(ビッド)とは?FX(外国為替証拠金取引)初心者のためのわかりやすいFX単語・FX用語集

Bid(ビッド)とは?

FXでBid(ビッド)と言えば、外貨を売るときのレート(値段)のことです。

「売り」で外貨のポジションを持つ際は、取引会社からBidで提示されている金額で売ることができます。逆に外貨を「買い」でポジションを持つ場合や、「売り」ポジションを解消する決済注文をする際は、Bidの逆のAsk(アスク)のレートで取引をします。

FX(外国為替証拠金取引)では、AskとBidの差をスプレッドといい、取引会社によってスプレッドは違います。売買手数料が安くてもスプレッドが開きすぎていると取引上不利になるため、AskとBidの両方のレートを提示している取引会社を選ぶほうがよいです。

⇒ FX業者比較・業者リスト

FX関連用語トップへ