IFD注文とは?FX(外国為替証拠金取引)初心者のためのわかりやすいFX単語・FX用語集

IFD注文とは?

FXのIFD注文は、If Done の略で、ある注文が約定した際の、次の注文を同時に出してしまう注文方法です。

IFD注文の例

例えば、110円でドルの買い注文を出し、約定したら111円で売り注文を出したいとします。

通常であれば、111円の売り注文を出すには、110円での買い注文が約定するまで待たなければいけませんが、IFD注文なら、1つの注文でこの両方を満たすことができます。

110円の指値注文が約定すれば自動的に次の111円の売り注文を出してくれます。

株でいうとマネックス証券のリバース注文がこれにあたります。

⇒ FX業者比較・業者リスト

FX関連用語トップへ